NHK大河ドラマ②最高視聴率は47%!歴代のトップ3&ワースト3作品

全部で60作近くある、NHK大河ドラマ作品。人によってそれぞれお気に入りがあるとは思いますが、一番視聴率がとれたのはどの作品だったか知っていますか?また、一番視聴率が低かったのは、やはり『あれ』…?

NHK大河ドラマの平均視聴率は上下幅が大きい

NHKの大河ドラマは2020年10月時点で全59作。最新作の『麒麟がくる』を除き、過去の全部の大河ドラマ作品の、平均視聴率の推移をグラフにしてみました。(※ビデオリサーチのデータを元に作成)。

大河ドラマ平均視聴率の推移のグラフ
1963年からスタートした大河ドラマは、かなりの視聴率の変動がある。近年は徐々に下がってきている。

主人公の名が入った『分かりやすいタイトル』が視聴率高め

大河ドラマの視聴率がとれる主人公は誰

グラフを見てみると、「赤穂浪士」や「徳川家康」「武田信玄」「秀吉」など、タイトルに有名人物の名前が入った王道の作品は、視聴率が高い傾向にありそうです。しかし一方で、有名な歴史上人物がタイトルに入っていますが『竜馬がゆく』『平清盛』は苦戦しています。どちらも、過去の最低記録を更新。

大河ドラマの歴代作品の最高視聴率と最低視聴率
歴史上の人物の名前がそのままタイトルになっている作品は、分かりやすく視聴率が高め?

司馬遼太郎が原作の大河ドラマは、視聴率が低くなる?

司馬遼太郎が原作の大河ドラマの主人公・坂本龍馬と西郷隆盛
司馬遼太郎が原作の『竜馬がゆく』『翔ぶが如く』は、ガクッと視聴率が下がった。坂本龍馬と、西郷隆盛が主人公。

司馬遼太郎の本が原作になった大河ドラマは計5つあり、1969年の『竜馬がゆく』、73年の『国盗り物語』、77年の『花神』、90年の『翔ぶが如く』、そして98年の『徳川慶喜』です。グラフを見てみると、そのうち3つが視聴率がガクッと落ちる『谷底スポット』に。

特に、初めて司馬遼太郎作品が採用された『竜馬がゆく』は、人気の坂本龍馬を主人公に据え、北王路欣也が主演したにも関わらず、長らく最低視聴率の記録を保持し続けました。ちなみにその平均視聴率14.5%という数字は、2010年に福山雅治が主演した『龍馬伝』の18.7%も大きく下回っています。

大河ドラマ 歴代の視聴率トップ3作品はこれ!

1位 独眼竜政宗(1987年)平均視聴率39.7%

片目を失明し眼帯イメージでおなじみの戦国武将、伊達政宗。その主人公役を渡辺謙が演じた『独眼竜政宗』がトップに。なんと最高視聴率は47.8%で、今もこの作品は根強い人気があります。

2位 武田信玄(1988年)平均視聴率39.2%

前年の『独眼竜政宗』の勢いに続き、翌年の『武田信玄』が2位に。主演は中井貴一。最高視聴率だけで言えば『独眼竜政宗』を上回り49.2%という盛り上がりぶり。
ナレーションの「今宵はここまでに致しとうござりまする」というセリフは、その年の流行語大賞に選ばれました。

3位 春日局(1989年)平均視聴率32.4%

女性が主役の作品がベスト3にランクイン。初回視聴率は歴代最低となる14.3%という波乱のスタートにも関わらず、平均視聴率は32.4%にまで回復したことでも有名。
原作・脚本は橋田壽賀子で、主演は大原麗子。独眼竜政宗の1987年から3年連続で戦国時代が舞台となり、かつ歴代の視聴率の黄金時代を築きました。

大河ドラマ 歴代作品で視聴率ワースト3作品は近年に集中

ワースト1位 いだてん(2018年) 平均視聴率8.2%

歴代作品の最低視聴率を大きく更新してワースト1位になったのが、『いだてん』。初めての10%以下で、8.2%という平均視聴率です。ただ、ネット動画に流れる世代が多い中、大河ドラマの視聴率低迷は今後とも加速していくと思われます。
脚本はクドカンこと宮藤官九郎、大河ドラマで33年ぶりに近現代を舞台にした意欲作です。

ワースト2位 花燃ゆ(2015年) 平均視聴率12.00%

吉田松陰の末妹という、あまり知名度のない人物を主役にしたためか『花燃ゆ』がワースト2位に
主演は井上真央、松下村塾の弟子たちとの関わりを入れつつ、幕末から明治維新にかけた時代が描かれています。平均視聴率は12%ですが、最低視聴率も9.4%で、そこまで低迷したわけではない印象。

花燃ゆ 完全版 第壱集 [DVD]
ポニーキャニオン
¥14,190(2020/10/13 11:56時点)

ワースト3位 平清盛(2012年) 平均視聴率12.01%

平清盛という知名度の高い人物が主役であるにも関わらず、ワースト3位に。主演は松山ケンイチ。
初回の視聴率も17.1%と、6年ぶりに初回が20%を切るスタートとなりました。終盤でも最低視聴率7.3%を出すなど視聴率的には苦戦しましたが、コアなファンは多いことで有名。

歴代の視聴率を見てみると、色んな名シーンがなつかしく思い出されますね。
平安時代や戦国時代、大河ドラマで描かれた時代別の視聴率も、次の記事で紹介しています。