日本の和を感じる民泊|【一戸建てのデメリット】夫婦2人で広すぎて維持が大変な時の活用法日本の和を感じる民泊|【一戸建てのデメリット】夫婦2人で広すぎて維持が大変な時の活用法

【一戸建てのデメリット】夫婦2人で広すぎて維持が大変な時の活用法

「戸建てで2人暮らし」不便な点は?

広すぎる戸建てで悩むお年寄り夫婦
子供が巣立った後、夫婦2人で広い戸建てに住んでいると、色々と不便な点が出てくることが多いようです。「1人~2人で暮らす戸建て」の不便な点・不満な面をまとめてみました。

庭の手入れが大変

庭の雑草の手入れが大変なお年寄り一戸建ての庭はガーデニングなどが楽しめる一方で、雑草が生えたり虫がきたり、木が大きくなりすぎたり、何かと手がかかります。草むしりや、殺虫剤、剪定など定期的に手入れをする必要がありますが、忙しい共働き世帯や、体力が落ちたシニア世代には、負担になってくることが多いようです。

使わない部屋があるのでもったいない

使わない部屋を活用家族で住んでいた4LDKなどの広い戸建ては、子供が巣立った後は空き部屋になってしまうケースが多いよう。使っていない部屋にもローンを支払い続けている感覚になってしまい、もったいないと感じる人も多いようです。
また逆に、スペースが余っているからと何でも物をつめこんで、物置代わりに大量の不用品をためこんでしまうリスクもあります。

掃除が大変

一戸建ての掃除が大変戸建ての掃除範囲は、マンションと比べてかなり広め。窓の数も多く、玄関やお風呂も広め。1階のトイレと2階のトイレも掃除して、階段もキレイにして…と、日々の掃除に時間がかかります。
子供が家を出て行って夫婦で二人暮らしの場合、「どうせ誰も見ていないし…」と、だんだん部屋の掃除をサボりがちになってしまいます。

広すぎる戸建ての活用法は何がある?

民泊を始めるのに悩むシニア夫婦シニア夫婦が民泊を始めるきっかけになるチェックボックスリスト
部屋が空いている戸建ての活用法には色んな選択肢があります。できれば副業がてら、ちょっとした収入が得られればいいですよね。

戸建ての活用法1 家で教室を開く

シニアが戸建てを活用して習い事教室を開くもし得意なジャンルや特技などがあれば、縫い物やガーデニング、着付けなどの教室を開いたり、公文の教室にして子供に教えたりする選択肢もあります。人に教えるのが得意、関わるのが好き、という人には向いていて、月謝を副収入にすることができます。ただ、生徒を呼ぶためにいくらかは自宅に手を加えたりする必要もあります。

戸建ての活用法2 空き部屋を撮影部屋として貸す

テレビのロケ用として空き部屋を貸すあまり知られていませんが、テレビや映画のロケ(撮影)用に空き部屋を貸して副収入を得る方法もあります。モデルルームのような綺麗な部屋でなくてもよく、生活感があったり、落ち着いた雰囲気だったり、求められる撮影用の部屋もまちまちです。ロケ用の部屋を貸すためのマッチングサイトもいくつかあります。
ただ、需要は都内などに限られる上、継続的な副収入を得るにはあまり向いていません。また、スタッフが5人以上の大勢で来るのに抵抗がある人もいるかもしれません。

戸建ての活用法3 人を泊める

戸建てで空いている部屋を民泊として有効活用おすすめの活用法の3つめが、空いている部屋に人を泊めて宿泊料をとる、という選択肢。いわゆる「民泊」です。
空き部屋が1つでもあれば、国内の旅行者をとめる物件として登録できます。宿泊の予約が入れば、宿泊料を得ることができます。

部屋に知らない人を泊めるのは不安…という人は、「宿泊するのは女性限定」という、弊社の「和楽泊」がおススメ。泊まるのは女性だけなので、安心して空き部屋を貸すことができます。

詳細はこちらからお問い合わせ下さい。
 

English article

最新記事

旅行気分で仕事する「ワーケーション」...

旅行気分で仕事する「ワーケーション」...

【一戸建てのデメリット】夫婦2人で広す...

【一戸建てのデメリット】夫婦2人で広す...

「巣ごもり」におすすめ!徹夜したくな...

「巣ごもり」におすすめ!徹夜したくな...

旅行中におすすめの短編小説②【男性作家...

旅行中におすすめの短編小説②【男性作家...