日本の和を感じる民泊|楽だけどリスクあり!?「女友達」と女子旅をするときの注意点日本の和を感じる民泊|楽だけどリスクあり!?「女友達」と女子旅をするときの注意点

楽だけどリスクあり!?「女友達」と女子旅をするときの注意点

女友達との女子旅のメリットとデメリット

女性だけで旅行をする「女子旅」は、「女友達」「先輩&後輩」「母娘」「姉妹」と、大きく4つのパターンに分かれます。ここでは、それぞれのパターンでの「女子旅」のメリットとデメリットや起こりがちなトラブル、そしてうまく女子旅をするためのコツをまとめました。

パターン①「女友達」と女子旅をするメリット&デメリット

ここでの「女友達」とは、学生時代の友人や社会人になってできた趣味仲間、あるいはママ友です。「楽しさ」「トラブルリスク」「気を遣うレベル」という3項目をチェックしていきます。

楽しさ     ★★★★★

トラブルリスク ★★★

気を遣うレベル ★★★

ポイント1:気のあう仲間で集まることができる

強制的な職場旅行や修学旅行とは違い、女友達同士の女子旅は「気の合う仲間」だけが集まって計画されます。もともと趣味が似ていたり、気が合った者同士だからこそ友人として付き合っていたわけで、したがってすべてのパターンの中で「楽しさ」のレベルは一番

長時間一緒にいてもストレスは少なく、またほとんどが同年代というケースなので、気楽な旅行になります。

ポイント2:誰が仕切るか問題

女子旅でのトラブル女友達では「上下関係」がありません。よって「誰が旅行を仕切るのか」というのも明確に決まっていないケースがほとんどです。

そこで旅行の段取りや車出しなどの労力が一人に集中してしまうと、「対等な関係なのに、どうして私ばっかり…」と不公平感が増してしまい、トラブルの元になるので注意が必要です。例えば「観光スポットをピックアップする人」「宿泊先を手配する人」「食事のお店を予約する人」「車出しや集合場所などを決める人」といったように、メンバーで上手に役割分担するとスムーズです。

ポイント3:各キャラの性格を知り、あらかじめトラブル回避を

どんなに気の合う友人でも、旅行中に完全にストレスゼロ、というわけにはいきません。ささいなすれ違いやモヤモヤするポイントもありえるので、トラブルリスクは★3です。

しかしもともと仲のよい友人同士であれば、すでに互いのキャラを把握しているのでトラブルを回避することも可能。たとえば「このハードスケジュールだと、体力がないあの子はきつそうだな」「夜更かし好きな子がいるから、部屋割りでこの組み合わせは避けよう」「小食な子がいるから、お店では割り勘ではなく各自精算にしよう」「ほとんどが朝は苦手だから、集合時間は遅めにしよう」など、あらかじめ気を配っておくこともできます。

ポイント4:ときどき違和感があっても自制がはたらく関係性

女友達への気を遣うレベルは★3で「気安い関係だけど、最低限の礼儀はわきまえる」レベル。

たとえば姉妹や母娘なら、「この化粧品借りるね」、「現金がないからちょっとここは払っておいて」といったような行動もできますが、女友達では遠慮が働きます。「家族ではなく、所詮は他人」。お互いそれをわきまえているからこそ、トラブルも少なく旅行を楽しむことも出来ます。

また、万一旅行中に「えっ…ありえない」と思う行動があっても、注意するにも自制心が働き、結果的にケンカにはならずに旅行を終えることもできます。

実際に女友達で女子旅をした時の体験談

海外や国内で女友達と女子旅

・学生時代の女友達4人で、国内スキー旅行をした。スキーが上手な人2人+初心者2人、という人数配分だったので、食事は全員で一緒に、すべる時は2組に分かれて、とちょうどバランスがとれてよかった。これで初心者1人だったら、疎外感があってムードも悪くなりそうだったので。(40代・神奈川県女性)

・社会人になって仲良くなった同期の女の子と2人で、海外旅行に行った。私は初めての海外だったけど、友人は海外旅行慣れしていて英会話もスムーズで、快くリードしてくれて助かった。また、外国人にナンパされた時も、二人のノリが似ているので一緒にお酒を楽しむことができた。もし一緒に旅行した女子同士で、誰かが警戒心が強かったり慎重だったりすると、場がシラけてしまうので、価値観が一致しているかは重要。(東京都・20代女性)

・大学生のとき、同い年の女友達大勢でサークル合宿を行なった。夜は一部屋に雑魚寝で打ち明け話などで盛り上がったが、一人だけ下ネタが大嫌いな子がいて、話についていけない感じでかわいそうだった。また、グループの中には、「早く布団を片付けて」「ペットボトルはここに置かないで」と整頓好きの子がいて、朝からてきぱきと指示を出されてつらかった。同じ部屋で大勢が一緒に寝るのは、若いうちだからいいけど、大人になってからはつらい。自分のペースで部屋を使いたいから。(30代・埼玉県女性)

English article

最新記事

母と娘の親子旅、2:8の割合がうまくいく

母と娘の親子旅、2:8の割合がうまくいく

楽だけどリスクあり!?「女友達」と女子...

楽だけどリスクあり!?「女友達」と女子...

女性専用車両に高速バス、カプセルホテ...

女性専用車両に高速バス、カプセルホテ...

海外で『チャンピオン・サケ』に輝いた...

海外で『チャンピオン・サケ』に輝いた...